トップページ > ホルモンとニキビ治療

ホルモンとニキビ治療

当院の治療やその方針をご紹介します。

当院のニキビ治療

大人ニキビ治療に対する2ステップ療法

point1 体の内面より治す治療
ニキビを表面的に治療するのでは、治癒と再発を繰り返すことになるだけです。
当院では、大人ニキビの原因を根本的に治療していきます。
従来の抗生剤内服やイオウや抗菌剤外用ではなかなか治らないケースが数多くあります。その原因が、男性ホルモン過多による皮脂分泌量増加。当院ではまず、ホルモン療法をして皮脂量を抑えてから、局所治療として外用療法を行うという2ステップ治療を行います

point2 コンビネーション外用治療
皮脂量を減少させる為に、ピルや疑似ホルモン剤を使用します。アキュテインやピルのダイアン35は使用しません。なるべくホルモン剤の使用は短期で終わるように計画を立てます。
次に局所治療プログラムに入り、女性ホルモン軟膏・ビタミンC誘導体ローションなどによるレベル1からレベル4までの外用プログラムを立てて、コンビネーション外用治療を行います。ケミカルピール・レーザーを使ったクリスタルピール・PDT(フォトダイナミックテラピー)・マイクロアブレージョン・コメド圧出は行いません。

dotline_h

当院の治療方針

当院長は1990年よりニキビとホルモンの医学論文を多数発表してきました。今ではだいぶ知られるようになった『大人のニキビは男性ホルモンが関係している』という説は、1997年4月「週刊文春」に発表する前は女性誌など一般誌には知られておらず、化粧が原因であると言われ続けてきました。しかし、難治性の遅発型のニキビにとって、化粧するかしないかは、実際には根本原因に大きな影響を与えるようなものではありません。

当院では、医学的根拠にもとづいた治療をしております。産婦人科と皮膚科の両方の知識を合わせて導き出した『大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因』という理論をこれからも徹底していきます。
ニキビの治療方法、薬効成分において時代の流行りはありますが、初診患者30万人以上を診察してきた当院長自身が納得して、患者様にとって安心・安全なものしか使用いたしません。
まずはお気軽にご相談ください。


1. 医療保険法の規制によるものです。

2. なるべく患者様の経済的負担を減少します。
健康保険医療法で、自費診療と保険診療の混合治療は日本では認められないため、患者様には全額負担になります。全額自費診療は当院にとってもまったくメリットのないものですが、医療保険法の規制よるものですのでご了承ください。そのため自費の外用剤の個数は、患者様のご希望にそわさせていただきます。
患者様のご希望により、場合によっては保険が適用される診療内容もございます。

3. ニキビやニキビ陥凹に対して、レーザー治療、本格的なケミカルピーリング、光療法(フォトフェイシャル、フォトフェイシャルアクネス、クリアタッチ)は行いません。

4. なるべく通院は1ヶ月に1度程度とし、短期間での治療を目指します。



▲ページトップ